Webデザイン参考記事まとめ アプデ(UPDE) - Webデザイナー/クリエイター向けの最新情報まとめアンテナ。

2017年11月17日(金)

プロトタイプ制作にも使えるモバイルフレームワーク「Ionic」を便利に使うコツ

HTML5ハイブリッドモバイルアプリ用フレームワーク「Ionic」のセットアップと簡単なカスタマイズを通して、Ionicの魅力を紹介します。

Ionicは、HTML5ハイブリッドモバイルアプリの制作に便利なフレームワークです。Cordova/PhoneGapでモバイルアプリを作る際もIonicの利用をおすすめします。
Ionicはモバイルアプリによく使われるコンポーネントを、再利用・改造できる形で用意しています。また、非常に使いやすいCLI(コマンドラインツール)が用意されているため、新規作成、コンパイル、実行、エクスポートが快適にできます。新しい機能も継続的に追加されて、単なるフロントエンドフレームワークの域を超えています。ネイティブアプリやレスポンシブWebアプリを制作する前の、プロトタイプ制作にもぴったりです。

本記事では、私がもっとも便利だと思った特徴を紹介します。新しい開発者のみなさんがアプリを素早く立ち上げる助けになれば幸いです。

CLIでプロジェクトを立ち上げます。テンプレートはIonicの「Getting Started」のページにも用意されています。たとえばゼロから作るにはionic start myApp blankコマンドが良いでしょう。開始テンプレートが提供されるとともに、Ionic CLIのすべての機...

author:

WPJ

https://www.webprofessional.jp/

デザイナー、エンジニア、マーケターの「掛け算」のスキルアップを応援するパスファインディング・メディア。提携するSitePoint.com発の海外先端技術記事や、独自のインタビュー記事などを毎日掲載します。 KADOKAWAが運営。

今日のwebデザイン記事ランキングを見る

Ads

デザイナー、エンジニア、マーケターの「掛け算」のスキルアップを応援するパスファインディング・メディア。提携するSitePoint.com発の海外先端技術記事や、独自のインタビュー記事などを毎日掲載します。 KADOKAWAが運営。WPJの記事『プロトタイプ制作にも使えるモバイルフレームワーク「Ionic」を便利に使うコツ』についてまとめています。

この記事は特にレスポンシブ・javascript・アニメーション・Android・アイコン・フォント・ダウンロード・WordPress・HTML5・iOS・Windows・アプリについて書かれており、 スマホ対応、Webサービスのカテゴリーに分類されます。気になるWebデザインの記事やまとめを見つけたら「本文を読む」をクリックすると、記事配信元のWPJで全文を閲覧することができます。RSS Sourceの「このサイトの記事一覧」をクリックするとWPJの記事をまとめて表示することができます。また閲覧数や各SNSのシェア状況を目安に、他の人たちが記事をどのように評価しているのか推測することができます。Webデザインにとって有益な記事をまとめていますので、ぜひリンク先をチェックしてみてください。