Webデザイン参考記事まとめ アプデ(UPDE) - Webデザイナー/クリエイター向けの最新情報まとめアンテナ。

2018年03月13日(火)

fluctのSSP「fluct」がCriteoのDSPとウェブメディア・アプリでの動画広告RTB取引開始

広告配信プラットフォーム事業のfluctは、同社のSSP(サプライサイドプラットフォーム)「fluct」で、デジタルマーケティングソリューションのCriteoが提供するDSP(デマンドサイドプラットフォーム)と、ウェブメディア・アプリでの動画広告のRTB(リアルタイム入札)取引を始めた、と3月12日発表した。アジアのSSPで初めてという。fluctの動画広告配信量が拡充される。加えて、動画広告掲出テンプレート(VAST)規格の採用によって、fluctの提携メディアは動画プレイヤーを用意することなく、さまざまなフォーマットの動画広告が掲載できる。

SSPはメディアの広告収益、DSPは広告主のROI(投資利益率)を最大化する仕組みとなり、RTB取引は広告の1表示(インプレッション)ごとにリアルタイムのオークション方式で広告を選択するシステム。広告主や広告会社から入札された中から最も単価の高い広告が配信される。VASTは複数の媒体社・ビデオプレーヤーに対し、アドサーバーが単一の広告応答形式でやり取りできるようにする。今回配信を開始する動画広告は、リアルタイムにパーソナライズされたディスプレイ広告を生成するソリューション「Criteo Kinetic Design」で自動生成される。

author:

Web担当者Forum

http://web-tan.forum.impressrd.jp/

通称「Web担」と呼ばれる企業のWeb担当者・マーケ担当者のためのノウハウやニュースを活発に発信されているメディアサイト。実践に根ざした圧倒的な量のコンテンツや、Web関連の様々なニュースをいち早く更新されています。

今日のwebデザイン記事ランキングを見る

Ads

通称「Web担」と呼ばれる企業のWeb担当者・マーケ担当者のためのノウハウやニュースを活発に発信されているメディアサイト。実践に根ざした圧倒的な量のコンテンツや、Web関連の様々なニュースをいち早く更新されています。Web担当者Forumの記事『fluctのSSP「fluct」がCriteoのDSPとウェブメディア・アプリでの動画広告RTB取引開始』についてまとめています。

この記事は特にSEO・サーバ・動画・アプリについて書かれており、 気になるWebデザインの記事やまとめを見つけたら「本文を読む」をクリックすると、記事配信元のWeb担当者Forumで全文を閲覧することができます。RSS Sourceの「このサイトの記事一覧」をクリックするとWeb担当者Forumの記事をまとめて表示することができます。また閲覧数や各SNSのシェア状況を目安に、他の人たちが記事をどのように評価しているのか推測することができます。Webデザインにとって有益な記事をまとめていますので、ぜひリンク先をチェックしてみてください。

Ads

最近の人気記事

人気のタグ

アプデ情報