Webデザイン参考記事まとめ アプデ(UPDE) - Webデザイナー/クリエイター向けの最新情報まとめアンテナ。

2020年02月13日(木)

ウェブサイトの問い合わせページ掲載でユーザー体験に有益でないよくある誤り5選

もしもウェブサイトの目的が潜在顧客とコンタクトを取ることであるならば、誤った問い合わせページの掲載をしないようにしましょう。閲覧者が連絡するのに苦労するなら、ユーザー体験に有益ではありません。それは企業にとっても良いものではありません!

ここでは、5つの問い合わせページの誤りについて言及します。必ずこのような間違いを回避しましょう。

連絡先ページに関する他の投稿では、このページの適切なコンテンツがUXとSEOの両方を改善できることを既に述べました。投稿のコメントで、「ウェブサイトの問い合わせページで、最もよくある5つの間違いは何だと思いますか?」との問い合わせを受けました。良い質問です!

そこで今回は、最も迷惑だと思うよくある間違いのリスト作成に至りました:-)  早速見ていきましょう!

#1 問い合わせページが全くない

もしもWebサイトへアドバイスが与えられるのであれば、問い合わせページがない事を指摘します。再度強調しますが、全てのWebサイトに問い合わせページが必要です。

ほとんどのWebサイトは、閲覧者と対話し、製品を購入したり、情報を提供したりするように設定されています。しかし、問い合わせページがあれば、閲覧者は常にあなたに追加の質問ができたり、興味深いビジネスチャンス...

author:

SeleQt(セレキュト)

http://www.seleqt.net/

web制作に関する情報をまとめたキュレーションサイト。デザインやプログラミングなどの技術的な内容はもとより、Web制作の領域にとどまらない注目のサービスや話題のトピックなどIT・ガジェット系の記事も豊富に更新されています。

今日のwebデザイン記事ランキングを見る

Ads

web制作に関する情報をまとめたキュレーションサイト。デザインやプログラミングなどの技術的な内容はもとより、Web制作の領域にとどまらない注目のサービスや話題のトピックなどIT・ガジェット系の記事も豊富に更新されています。SeleQt(セレキュト)の記事『ウェブサイトの問い合わせページ掲載でユーザー体験に有益でないよくある誤り5選』についてまとめています。

この記事は特にレスポンシブ・写真・SEO・UX・WordPress・Google・twitter・Instagram・Webサービスについて書かれており、 気になるWebデザインの記事やまとめを見つけたら「本文を読む」をクリックすると、記事配信元のSeleQt(セレキュト)で全文を閲覧することができます。RSS Sourceの「このサイトの記事一覧」をクリックするとSeleQt(セレキュト)の記事をまとめて表示することができます。また閲覧数や各SNSのシェア状況を目安に、他の人たちが記事をどのように評価しているのか推測することができます。Webデザインにとって有益な記事をまとめていますので、ぜひリンク先をチェックしてみてください。

Ads

最近の人気記事

人気のタグ

アプデ情報