Webデザイン参考記事まとめ アプデ(UPDE) - Webデザイナー/クリエイター向けの最新情報まとめアンテナ。

2019年08月1日(木)

【極力早く!】Web開発において設計プロセスに開発者を巻き込むべき時期とは?

開発者は、デザインに関して議論すべき事項を膨大にもたらします。私はこの件について幾度となくディスカッションすることも可能ですが、一言で言うと設計プロセスには開発者が関与していないと、実現不可能なデザインとなる可能性があるのです。今すぐ見直してください!

設計者が問題を整理している間、開発者は詳細に着目しアプリ内の結合処理を行います。顧客に付加価値をもたらすソリューションを創造するという点では共通しますが、設計者は新規性を探索する傾向が強いのに対し、開発者は正しくうまく機能する方法を探る傾向があります。

設計 VS 開発は、発散的思考と収束的思考の間の押し問答です。前者が多くの可能性を探り野性的に裸で突っ走るのに対して、後者は本格的な機能が十分に議論し尽くされているかを検証します。

この話題についての私の考察を述べさせてください。

1.設計者 VS 開発者 の構図は不要です

私達皆がチームの一員であり、顧客に独自の価値をもたらすという主な目的は共通しています。デザインチームとエンジニアチームの座席を隣同士にすることや、少なくとも日々定例的に連携できる仕組みを作りましょう。そうすることで、あなたのプロジェクトには魔法の風が吹き込まれるでしょう。私を信頼してください!

...

author:

SeleQt(セレキュト)

http://www.seleqt.net/

web制作に関する情報をまとめたキュレーションサイト。デザインやプログラミングなどの技術的な内容はもとより、Web制作の領域にとどまらない注目のサービスや話題のトピックなどIT・ガジェット系の記事も豊富に更新されています。

今日のwebデザイン記事ランキングを見る

Ads

web制作に関する情報をまとめたキュレーションサイト。デザインやプログラミングなどの技術的な内容はもとより、Web制作の領域にとどまらない注目のサービスや話題のトピックなどIT・ガジェット系の記事も豊富に更新されています。SeleQt(セレキュト)の記事『【極力早く!】Web開発において設計プロセスに開発者を巻き込むべき時期とは?』についてまとめています。

この記事は特にアプリについて書かれており、 気になるWebデザインの記事やまとめを見つけたら「本文を読む」をクリックすると、記事配信元のSeleQt(セレキュト)で全文を閲覧することができます。RSS Sourceの「このサイトの記事一覧」をクリックするとSeleQt(セレキュト)の記事をまとめて表示することができます。また閲覧数や各SNSのシェア状況を目安に、他の人たちが記事をどのように評価しているのか推測することができます。Webデザインにとって有益な記事をまとめていますので、ぜひリンク先をチェックしてみてください。

Ads

最近の人気記事

人気のタグ

アプデ情報