Webデザイン参考記事まとめ アプデ(UPDE) - Webデザイナー/クリエイター向けの最新情報まとめアンテナ。

2019年08月19日(月)

コピーファーストのアプローチを採用する6つのメリット

コピーファーストのデザインアプローチは、あらゆる規模のデザインプロジェクトで有効です。ランディングページのような独立するページでも、Webサイトの改善でも、コピーファーストのアプローチを使えばプロジェクトはより効率的になります。

私は個人的にこのアプローチを長い間採用してきました。以前会社に勤めていたときも、スタートアップにいたときも、フリーランスとして関わったプロジェクトでもつねに利用しました。

この記事では、コンテンツファーストのデザインアプローチを使うことによって得られる6つのメリットを詳しく見ていきます。

1. プロジェクトのスケジュールと期限が管理しやすくなる

コンテンツを書くのがチームメンバーなのかクライアントなのかは関係ありません。プロジェクトの最初に時間を割いて、コンテンツのプラン(写真や動画など)とすべてのコピーを書き出しておけば、スケジュールと期限をより正確にとらえ直すことができます。あなたやチームがどのようなツールを使っていようと、誰もが閲覧できるスケジュールを使って始めるべきでしょう。

author:

UX MILK

http://uxmilk.jp/

UX MILKはクリエイターのためのUXメディアです。デザインの情報をはじめ、プログラミング、マーケティングなど、モノづくりに関わる話題を幅広く扱っています。

今日のwebデザイン記事ランキングを見る

Ads

UX MILKはクリエイターのためのUXメディアです。デザインの情報をはじめ、プログラミング、マーケティングなど、モノづくりに関わる話題を幅広く扱っています。UX MILKの記事『コピーファーストのアプローチを採用する6つのメリット』についてまとめています。

この記事は特に写真・UX・動画・LP・アプリについて書かれており、 気になるWebデザインの記事やまとめを見つけたら「本文を読む」をクリックすると、記事配信元のUX MILKで全文を閲覧することができます。RSS Sourceの「このサイトの記事一覧」をクリックするとUX MILKの記事をまとめて表示することができます。また閲覧数や各SNSのシェア状況を目安に、他の人たちが記事をどのように評価しているのか推測することができます。Webデザインにとって有益な記事をまとめていますので、ぜひリンク先をチェックしてみてください。

Ads

最近の人気記事

人気のタグ

アプデ情報