Webデザイン参考記事まとめ アプデ(UPDE) - Webデザイナー/クリエイター向けの最新情報まとめアンテナ。

2019年10月31日(木)

世界初 カーボンナノチューブを用いたマイクロプロセッサを開発 16ビットで省サイズな未来のプロセッサ

・研究者は、14,000を超えるカーボンナノチューブで構成される16ビットマイクロプロセッサを実証しました。

・RISC-V命令セットアーキテクチャでは、あらゆる形式、種類の命令を実行することが可能になります。

現在、コンピュータ業界全体はシリコントランジスタ一辺倒です。これは、0ビットと1ビットを切り替え計算を実行するマイクロプロセッサの最も重要な部分となります。

金属酸化膜半導体電界効果トランジスタ(MOSFET)は、エレクトロニクスの分野に革命をもたらしました。1960年から2018年の間に、約13兆ものMOSFETが製造されてきました。

Intelの共同設立者のGordon Mooreが予測したように、集積回路の1平方ユニットあたりのトランジスタ数は、過去60年間で毎年2倍増になっていきましたが、Moore氏を含む多くの専門家は、これは2020-2025年までなら当てはまることだとしています。

近い将来、シリコントランジスタのサイズをさらに縮小することは不可能になり、科学者はますます複雑化する計算需要に対応できる代替品に取り組んできました。

長年の研究の結果、MITの研究者はカーボンナノチューブトランジスタで作られた機能的なマイクロプロセッサを実証しました。注目すべきなのは...

author:

SeleQt(セレキュト)

http://www.seleqt.net/

web制作に関する情報をまとめたキュレーションサイト。デザインやプログラミングなどの技術的な内容はもとより、Web制作の領域にとどまらない注目のサービスや話題のトピックなどIT・ガジェット系の記事も豊富に更新されています。

今日のwebデザイン記事ランキングを見る

Ads

web制作に関する情報をまとめたキュレーションサイト。デザインやプログラミングなどの技術的な内容はもとより、Web制作の領域にとどまらない注目のサービスや話題のトピックなどIT・ガジェット系の記事も豊富に更新されています。SeleQt(セレキュト)の記事『世界初 カーボンナノチューブを用いたマイクロプロセッサを開発 16ビットで省サイズな未来のプロセッサ』についてまとめています。

この記事は特に写真について書かれており、 気になるWebデザインの記事やまとめを見つけたら「本文を読む」をクリックすると、記事配信元のSeleQt(セレキュト)で全文を閲覧することができます。RSS Sourceの「このサイトの記事一覧」をクリックするとSeleQt(セレキュト)の記事をまとめて表示することができます。また閲覧数や各SNSのシェア状況を目安に、他の人たちが記事をどのように評価しているのか推測することができます。Webデザインにとって有益な記事をまとめていますので、ぜひリンク先をチェックしてみてください。

Ads

最近の人気記事

人気のタグ

アプデ情報